• タイムレコーダーにかかるコスト

    タイムレコーダーにかかるコストはとても安価です。

    安いものなら、5千円程度で購入ができるので、一時的にアルバイトなどを雇って勤怠管理をしたい場合などには向いています。



    100人以下の労働者が働いている会社では、まだまだタイムレコーダーによる管理をしているところも多いでしょう。たしかに、タイムレコーダーによる管理ではコストがかかりませんが、労働者の数が多い場合には意外なコストがかかるということにも注意が必要です。


    1ヶ月あたりのタイムカードをすべて集計して、給料を出す場合には、人件費もバカになりません。

    労働者が100人いる場合には、スタッフ2名でまる2人かかかるということもあるようです。


    また、タイムカードを人の手によって集計する場合、どうしてもミスが発生する可能性が出てしまいます。

    今、評判なのはこちらのYahoo!ニュースは無限の可能性に満ちあふれています。

    最近のタイムレコーダーでは、パソコンにデータ送信ができるものも増えてきているので、労働者の数が多い場合にはオンラインのシステムを選ぶと良いでしょう。しかし、本格的なシステムを導入するとなると、初期費用や月額コストが高額になってしまいます。



    初期費用として20万円程度、月額コストとして5万円〜10万円程度を見ておくと良いでしょう。
    タイムレコーダーによっては、初期コストとして30万円程度がかかるが、月額コストは発生しないというものもあります。クラウド型のシステムの場合、初期費用はかからず、月額コストだけですむことも多いです。
    しかし、長期的に見ると初期コストをかけてでも初期コストだけがかかるようなシステムのほうが節約になることもあります。