• タイムレコーダーの色々

    企業に勤めていると働いた時間を申告しなくてはなりません。


    役員など特別な立場にならない限りは勤務時間をしっかりと記録に残して勤怠管理の対象となるのが一般的です。

    その様な勤怠管理のために使われるのがタイムレコーダーと呼ばれるオフィス機器なのですが、この種の機械で最も知名度が高いのはタイムカードと呼ばれる仕組みです。



    タイムカードは専用のタイムレコーダーを利用して使う仕組みのもので、普及率という意味では突出して高いという特徴があります。

    勤怠管理におために必要な情報を最も安く導入することが出来る仕組みを持っていますので小規模な事業所からある程度の大きさの事業所まで幅広く管理するのに適しているのです。

    YOMIURI ONLINEの有益情報にあふれているサイトです。

    何よりもタイムカードの仕組みはコストパフォーマンスに優れているという特徴がありますので中小規模の事業所向けには非常に適したものであると言えます。
    しかしながら大規模な工場や商店などの様に労働者数が大きくなってくると現物のカードの管理は煩雑になりがちです。



    カードの紛失や現物の管理などが障害になる場合があるのです。

    この様な場合においてはタイムカードではない専用の仕組みを考えることによって業務効率を高く保つことが出来ます。

    例えば従業員証にバーコードを付けてそれを読み込むことで勤怠管理をするシステムなどもタイムレコーダーとして開発することが出来ます。


    タイムカードに比べると敷居の高いものであると言えますが、効果的な勤怠管理が可能になります。