• タイムレコーダーの記録の方法

    タイムレコーダーは直訳訳すれば時間を記録するなどの意味があります。

    時間を記録するための装置でもあり、入退社時刻を記録するのがタイムレコーダーの役割であり、記録した情報は勤怠管理に使われる事になるわけです。

    一般的には紙のタイムカードに入退社時刻が記録される事になり、勤怠管理の中では1日の労働時間が満たされているのか、残業時間の合計は何時間になるのかなど、タイムカードに記録してある情報を基に勤怠管理が進められ、残業時間の合計は給料に残業手当として反映が行われる事になります。


    タイムカードの記録はタイムレコーダーで従業員がそれぞれ自分のタイムカードに入退社時刻を記録する事になりますが、タイムカードの記録をチェックする、時間を集計する場合には、記録してある時間を見てパソコンに入力するなどして集計を行う事になります。

    勤怠管理に有効なサイトです。

    この作業は、本来部自分の作業以外の工数がかかるものであり、工数を削減する目的で勤怠管理をシステム化する企業も多くなっています。

    タイムレコーダーは時刻を記録するための装置ではありますが、記録する方法にはタイムカード以外にもコンピューターに記録する方法もあります。

    日本経済新聞のマニアックな情報をお届けします。

    コンピューターに時間を記録すればタイムカードに記録してある時間を入力しなくて済む、入力ミスを防止する事が出来るなどのメリットに繋がりますし、勤怠管理の工数そのものを削減する効果も出て来ます。そのため、タイムレコーダーの記録方法は従来のアナログ方式からデジタル方式に変わりつつあるのです。