• タイムレコーダーを使えば労働時間を記録できます

    • 従業員の労働時間を把握しておかないと、働かせすぎて労働基準法に触れてしまうことがあります。

      また、従業員の労働時間で給料を支給する時も、従業員がどれだけ働いたか分からないと正確な給料を支給することができません。

      こうした問題から、職場でタイムカードとタイムレコーダーを導入しているケースが多く見られます。この2つを導入することで、従業員1人が何時間働いたのか、何日出勤したのか知ることができます。
      タイムカードは従業員1人に1枚用意され、1ヶ月ごとに新しいカードに交換するのが一般的です。

      カードには日付、出社時刻、退社時刻などを印字する欄があります。

      出社時と退社時の時刻を印字することで、従業員が何時間働いたのか分かる仕組みになっています。

      タイムレコーダーは正面に日付と時計が表示されており、カードを挿入して印字する際、その時の日付と時刻を印字してくれます。



      従業員は1日最低2回、出社時刻と退社時刻を印字する必要があります。
      タイムレコーダーには様々な機能を備えた製品があります。


      基本的な印字機能の他に、休憩時間を設定できる物や一時的な外出時間を記録できる物は、給料を細かく計算して支給する職場で活躍します。他にも、出社時刻と退社時刻から1日の労働時間を計算して記録できる機能は便利です。

      goo ニュース情報を参考にしましょう。

      自動集計機能と呼ばれており、この機能が無い製品だと、給料計算の担当者が一つ一つ計算しなけらばならず、非常に時間が掛かって大変です。

      従業員の労働時間を記録するだけでなく、給料計算の負担も軽減できるので、タイムレコーダーは出来るだけ良い製品を使いたいです。



  • 詳しく知りたいなら

    • タイムレコーダーの色々

      企業に勤めていると働いた時間を申告しなくてはなりません。役員など特別な立場にならない限りは勤務時間をしっかりと記録に残して勤怠管理の対象となるのが一般的です。...

  • 専門知識

    • パソコンに繋がないタイムレコーダーは扱いやすい

      タイムレコーダーはどんどん進化しており、最近ではパソコンと繋いで、さらにインターネットとも連結して、クラウドでデータ管理などを行うような機種も登場しています。しかし、タイムレコーダーを設置する場所にパソコンも一緒に置くということがなかなか難しいという会社も多いです。...

  • 学びたい知識・納得の事実

    • タイムレコーダーにかかるコスト

      タイムレコーダーにかかるコストはとても安価です。安いものなら、5千円程度で購入ができるので、一時的にアルバイトなどを雇って勤怠管理をしたい場合などには向いています。...

    • タイムレコーダーの記録の方法

      タイムレコーダーは直訳訳すれば時間を記録するなどの意味があります。時間を記録するための装置でもあり、入退社時刻を記録するのがタイムレコーダーの役割であり、記録した情報は勤怠管理に使われる事になるわけです。...